不安解消!!レーシックガイド

レーシック大国のアメリカに続き、日本でも確実にレーシックの経験者を増やしています。「眼にメスを…?」と一昔前まで都市伝説的な扱いを受けていた手術方法ですが、現在に至るまで世界各国で失明の失敗例はゼロ件ですし、レーシック先進国のアメリカでは定番クリスマスプレゼントにもなっているぐらい身近な視力回復方法です。

現在視力に問題を抱えている方は眼鏡やコンタクトレンズに頼るのが主流ですが、眼鏡は湯気が出るような温かいメニューを食べる時やお風呂で苦戦しますし、スポーツ時にも不便です。一方コンタクトレンズも眼に対する負担が強く、レンズ絡みのトラブルは絶えません。

その点レーシックは一度手術するだけで快適な視界が実現しますし、費用も何十年に及ぶコンタクトレンズ代を比較すればむしろ安いものです。しかも、レーシック手術は驚異的なスピードで進化していますから、患者さんのコンディションやリクエストに応じて複数のアプローチが可能になっています。

通常のレーシック以外にもアイレーシックやイントラレーシック、PRKやエピレーシック、LASEKなどのレーシック方法が選択可能ですし、老眼レーシックと言う特殊なレーシック手術も人気を集めています。
ほんの数年前までレーシック手術で老眼は治せない、と言うのが常識でしたが、既に老眼に対するアプローチも可能にしている程、日本のレーシック手術の技術力はずば抜けています。

レーシックをご検討中の方は手術費用や手術方法、アフターケアやクリニック選びで頭を悩ませている筈です。世界の現状からレーシックのメリット、デメリット、術前検査の内容から術後検診の注意点など、このサイトでは実際に役立つ最新レーシック情報を色々とご紹介していきたいと思います。

品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニック、SBC新宿近視クリニック、錦糸眼科、銀座錦糸クリニック、井上眼科病院レーシックセンターなど、現在人気を集めているレーシッククリニックやレーシック以外の視力回復方法についてもお話しますから、是非チェックしてみて下さい。

※今レーシック手術で人気のクリニックが品川近視クリニックです。→http://www.ein1922.com/

レーシックの基礎知識

レーシック以外の視力回復方法

レーシックの種類

手術方法

人気レーシッククリニック